南九州税理士会 宮崎支部

税理士の仕事

暮らしの中には、さまざまな税金問題が生じてきます。こんなときには税理士にご相談ください。

  • 事業を始めたい、会社を設立したい...
  • 帳簿のつけ方が分からない
  • 今まで自分で確定申告をしてきたが、どうも難しくて...
  • 不動産を買い換えたい...
  • マイホームを手に入れた...
  • 子供に住宅資金を出してやりたいが...
  • そろそろ相続対策を検討しなければ...
  • 離婚で財産分与をするのだが...
  • 消費税の納税義務があるかどうかわからない...

税理士は身近な税の専門家です。
税金の問題がおきたとき、おきそうなときは、気軽に税理士にご相談ください。
税理士の仕事には、次のものがあります。

税務代理 確定申告、青色申告の承認申請、税務署の更正・決定などに不服がある場合その申立て、税務調査の立会い、その他について代理します。
会計業務 税理士業務に付随して財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行、その他財務に関する業務を行います。
税務書類の作成 確定申告書、青色申告承認申請書、その他税務署などに提出する書類をあなたに代わって作成します。
補佐人制度 税理士は、税務訴訟において納税者の正当な権利、利益の救済を援助するため、補佐人として、弁護士である訴訟代理人とともに裁判所に出頭し、陳述(出廷陳述)します。
税務相談 税金のことで困ったとき、わからないとき、知りたいとき相談に応じます。
社会貢献 税理士は独立した公正な立場で、税に関する専門的な知識や経験を活かし社会貢献に努めています。
「税を知る週間」や「確定申告期間」における税務支援、裁判所の民事・家事の調停制度、成年後見制度などに積極的に参画、租税教育へも積極的に取り組んでいます。

無資格者にご注意

わたしたち税理士は“あなたの暮らしのパートナー”です。

税理士業務は、有償・無償を問わず、税理士又は税理士法人以外の者が行うことはできません。

ところが、毎年、税理士でない“無資格者”によって多くの方々が被害を受けています。わたしたち税理士は税理士証票を携行し、「バッジ」を着けています。

また、税理士は、必ず税理士会に所属し、日本税理士会連合会に備える名簿に登載されています。

税理士をお探しの場合は、日本税理士会連合会が管理・運営する税理士情報検索サイトをご活用ください。なお、インターネット上に存在する種々の税理士紹介サイトは日本税理士会連合会とは一切関係がありませんので、ご留意ください。

このページの先頭へ